診療案内
診療案内

診療時間

 
9:30~13:00
16:00~19:00

◎:土曜日は9:30〜13:30
受付は午前12:45、午後18:45、土曜は13:15までです。
【休診日】水曜・土曜午後、日曜、祝日

診療科目

耳鼻咽喉科・アレルギー科

初診の方へ

保険証を持って受付へお越しください。
2回目以降の受診にはパソコンやスマートフォンを使った診療予約システムを利用できます。

主な診療内容

みみ

痛みを伴う中耳炎や外耳炎、耳漏を伴う鼓膜の病変や、耳垢が詰まっているものに関しては必要に応じて写真を撮影し、病状を説明しながら処置を進めます。

【画像】みみ

聴こえや平衡感覚を司る内耳の障害である感音難聴や突発性難聴、メニエル病、めまいに関しても聴力検査、鼓膜の可動性、動揺の程度や眼振検査で診断を進めていきます。

【画像】聴力検査室

はな

必要に応じて内視鏡を用いて副鼻腔や上咽頭までしっかり観察します。

【画像】内視鏡

病変が疑われる場合は徒歩7分の大東中央病院でCTまたはMRIを撮影してもらい、精査を行います。

【画像】CT

炎症所見に関しては鼻処置や吸引、超音波ネブライザーで治療します。

【画像】超音波ネブライザー

のど

のどの違和感や声がれ、首のしこりなどがきっかけでのどの病気が発見されることがあります。当院ではNBIという早期の粘膜病変を見つけやすい内視鏡を導入しています。

【画像】のどの違和感

院長は咽頭、喉頭の早期がん、良性腫瘍を身体の表面に傷をつけることなく、口の中から低侵襲に手術を行っていました。

この方法では飲み込みの機能や声の質を大きく損なうことなく治療ができますので、早期に病変を発見することがとても重要です。

喉頭がん・咽頭がんの機能温存治療最前線(神戸新聞記事)